「なんかよく聞くなあ」イーサリアムとは?〜最低限の基礎知識を徹底解説!

仮想通貨の時価総額ランキングでビットコインに次ぐ2位を争っている仮想通貨が「イーサリアム」です。この通貨は2013年にヴィタリック・ブテリンという人物によって設計が始められ、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引がスタートしました。ここでは、イーサリアムについての基礎知識を紹介します。

この記事を読む前に

「この言葉がわからないと、この記事理解できないかも…」という単語をまとめています。あれ?っと思う単語があれば先に先にその単語に関する記事を読んでみてください。
ブロックチェーン

トークン

ICO

プラットフォームについて

厳密に言うと「イーサリアム」という仮想通貨は存在せず、この通貨のプラットフォームを「Ethereum(イーサリアム)」と呼び、通貨のことを「Ether(イーサ)」と呼びますが、通貨自体も「イーサリアム」と呼ばれることが多いです。このプラットフォームについてですが、ビットコインは、ブロックチェーン上にコインの移動履歴をすべて書き込むことによって通貨として扱えるようになっています。移動履歴というのは「コインがどこからどこへ移動した」という情報です。この情報によって今どこにどれだけのコインがあるのかというコインの証明になっています。そのブロックチェーンに「コインの移動履歴」以外の情報も書くことが出来たほうがいい!ということで作られたのがイーサリアムです。そのため、イーサリアムのブロックチェーンはビットコインと違う独自のブロックチェーンをもっており、非常に柔軟な使い方ができるように設計されています。具体的な良いポイントについては以下の2つです。

独自トークンについて

イーサリアムのブロックチェーン上で管理される独自トークンを発行することが出来ます。独自のブロックチェーンを持つ仮想通貨はマイニングの報酬としてその仮想通貨が発行され、普通はその発行限度額が決められています。しかし、トークンの場合はその管理者が発行したもので、会社が発行したクーポン券のようなものです。実は最近増えてきているICOという仕組みの多くはイーサリアムを使って発行しているのです。

スマートコントラクトについて

そして、世界の在り方を変える可能性があるとして注目されているのが、スマートコントラクトと呼ばれる仕組みです。スマートコントラクトとは、直訳すると「契約の自動化」 であり、金融業、保険業、シェアリングエコノミーなど多くの業務を完全に自動化し第三者の仲介をすっ飛ばして行えるようになる可能性を秘めた技術です。仮にこれらの仲介業務がなくなると、既存の経済構造は大きく変わることが予想されています。そんな契約の自動化をイーサリアムでは、ブロックチェーン上に何らかの条件が揃えば執行されるスクリプトを仕込んでおくことができるので、アイデア次第で様々な契約を自動的に処理することが可能です。イーサリアムはまさにスマートコントラクトを実現するための仕組みなのです。

売買できる取引所

時価総額の大きい仮想通貨ですので、取り扱う取引所がほとんどですが、オススメの取引所は以下の5つです。

bitFlyer

取引所についての詳細はこちら

Zaif

取引所についての詳細はこちら

Bitbank

取引所についての詳細はこちら

GMOコイン

取引所についての詳細はこちら

Coincheck

取引所についての詳細はこちら

将来性

北欧のエストニア共和国が国家レベルでイーサリアムを利用し始めたりと、イーサリアムはどんどん活発になってきています。今後、ますますイーサリアムを利用したスマートコントラクトが一般的になっていくことが予想されています。また、ICOの購入はビットコインではなくイーサリアムが用いられることが多く、単純に将来性だけのために保有するのでなく、他の通貨を運用するための手段としても用途があります。

イーサリアムまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です